江戸前期調査(江戸時代前期までの家系図作成 )

日本橋

江戸前期調査では、江戸時代の前期1600年代に出生されたご先祖様までの情報取得を目標とします。

慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いに勝利を収めた家康が同8年に幕府を開き、二代秀忠→三代家光と続く幕藩体制が確立する時期に当たります。

一般的に25年~30年程で世代交代が行われていましたので、平均して12~16代ほどのご先祖様が判明することになります。

基本調査と同様、まずは郷土誌や古文書などの研究、墓地・菩提寺・氏神社・聞き取り調査などの現地調査を行います。ただ、江戸中期以前となると墓地や過去帳などからの情報はかなり限定される傾向にありますので、必然的に古文書研究のウエイトが高くなり、より専門的な能力が必要となります。

これらの調査活動を通じて、江戸時代には士農工商のどれに属していたのかが特定できます。武士だった場合、どこの藩でどのくらいの禄高だったのか。どんな役職に就いていたのか等々が分かって参りますし、農民であれば、どのくらいの土地を持ち、村の中でどのような立場であったのか等々も判明してきます。商人であれば、何という屋号でどんな商売をどの程度の規模でしていたのか等々が判明します。

全く知らなかったご先祖達が身近に感じられるのではないでしょうか。

ただし、さすがにこの江戸前期までの調査となると、どの家でも可能というわけには参りません。お申し込みの際にお伺いした内容を吟味した結果、まずは基本調査から申し込まれることをお勧めする場合もあります。予めご了承ください。

江戸前期調査の詳細

調査範囲

江戸前期1600年代に出生されたご先祖様まで、350~400年間の調査を目標とします。1世代25~30年と考えて、12~16代が平均的です。

標準調査期間

6カ月~1年程度を一応の目安としていますが、難しい条件が重なった場合など、調査期間が長期に及ぶことがあります。最終報告まで、3カ月間隔で中間報告書を提出致します。

調査料金

1,100,000円(税込)
(交通費・宿泊費・レンタカー代・お寺やご本家等への謝礼など一切を含む)

  • 料金は定額制です。現地までの距離や調査の難易度などの理由で差額が発生することはありません。(※ただし、離島が調査の対象地域であった場合、追加料金を頂戴することがございます。)
  • 除籍謄本を全て取得済みの方は、上記料金から2万円を割引かせて頂きます。

お支払い方法

お申し込み時に半額(550,000円)をご入金頂き、最終調査報告書提出時に残額の清算をお願いしております。

調査終了後、お渡しするもの

  • 家系調査報告書(横家系図及び「元号・西暦対照表」を巻末に綴じています)
  • 取得した戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本一式
  • 調査の根拠となる各種史料一式
  • 現地で撮影した各種画像
  • 家系図データ及び各種画像を収録したCD-ROM

調査結果をカタチに(オプション)





徹底調査のページへ