家系譜について

家系譜は、「戸籍解読表」・「変体仮名表」・「元号・西暦対照年表」・「縦家系図」・「横家系図」の5点で構成されています。この内、戸籍解読表の内容について、見本画像と併せてご説明致します。

戸籍解読表

明治期の戸籍は、毛筆で書かれている上に、書いた方が達筆であったり、或いは癖が強い悪筆であったりで、読み取ることが困難であるケースが少なくありません。

古い戸籍を読み慣れた我々でさえ「なぜもう少し綺麗に書いてくれなかったのか!」と嘆くような文字に遭遇することも多々あります。戸籍に慣れていない方にとっては、間違いなく読み取ること自体が難しいものです。

そこで、戸籍に記載された方々全員の基本事項(出生・婚姻・家督相続・隠居・死亡など)を正確に読み取り、次に示す『戸籍解読表』を作成しています。
IMG_20210110_0001 (2)

古い戸籍を理解する上で、記事内容の解読と並んで厄介なことは、今では使われていない古い地名が多く書かれていることです。古い地名が現在のどこに当たるのか、すぐに分かる場合もありますが、なかなか分からない場合も少なくありません。

当事務所では、古い地名が出る都度、事務所所蔵の全国の地名辞典や歴史地名体系などによって、現在のどの地域に当たるのかを特定し、古い地名の後に括弧書きで現在地名を記しています。

たとえば、上記解読表では、「福岡県上毛郡和井田村」(現、福岡県築上郡吉富町広津)、「大分県下毛郡上津村大字折元」を(現、大分県中津市本耶馬渓町折元)としています。

また、その地区が江戸時代にはどの藩に属していたか、どのような歴史を持つ村だったのかなどを調べ、その情報については別紙『戸籍分析レポート』に記しています。