お受けできる調査、お受けできない調査

お受けできる調査

弊社がお受けさせて頂く家系調査は、ご自身→父→祖父→曾祖父→高祖父・・・と、依頼者様の直系のご先祖を時代を辿って行う調査です。勿論、父の父方だけでなく、父の母方や母の父方・母方の調査であっても構いません。

また、ご先祖様に養子に来られた方があった場合、養子に入られた家は勿論、養子に来る前の実家のご先祖様についても、直系尊属に変わりはありませんので、調査は可能です。

しかし、ご自分の配偶者や婚約者などの家系調査の場合は、ご当人の許諾が得られない限りお受けすることはできません。たとえば、奥様がご主人方の調査をなさりたい場合は、いくら同じ苗字になったとはいえ、ご主人のご先祖は奥様の直系尊属ではありませんので、必ずご主人のご了解をお取り頂き、ご本人から申込書及び委任状を提出して頂きます。


お受けできない調査

上記のとおり、直系のご先祖のみを調査対象としており、傍系(例えば曽祖父や祖父の兄弟姉妹など)のご先祖の調査は致しません。これについては、直系のご先祖のついでに傍系の方も調べて欲しいというような追加のご依頼をされる場合もあるのですが、ご期待に応えることは出来ません。

また、非常に残念なことですが、今でもしばしば差別をともなう時代錯誤の調査を希望する人が絶えませんが、そのような差別問題が絡むような調査はお断りしております。家系調査を行う上で、人権個人情報の扱いには慎重の上に慎重を期しております。何卒、ご理解をお願いいたします。