旧土地台帳とは

旧土地台帳を活用しよう!

画像の説明

旧土地台帳とは、明治20年頃から昭和12年頃までに利用された、土地の所有者等の諸情報を記録した台帳で、各地の法務局に保管されています。

この台帳に記載されている最初の所有者というのは、明治20年代初期の土地の所有者、つまりその時代のその家の当主だった方ですから、一般的に考えれば幕末頃に生まれた方ということになります

除籍謄本の保存期間の関係で、年々除籍謄本から得られる情報が少なくなってきています。最近では、明治の中頃の出生の方が戸主である除籍謄本までしか取れなかったというケースも出てくるようになりました。このような流れの中、幕末頃に生まれた方が所有者として記載されている旧土地台帳の価値は、以前に増して大きくなったように思います。

ちなみに、閲覧は無料ですし、分厚い台帳そのものを持ってきてくれますので、該当する地番前後の土地の情報も確認することができます。(ただし、閲覧する番地を申請書に記しておかなければなりません。)

当時のご先祖様が、何坪の宅地に住んでおられたかのか、宅地以外の田や畑・山林などをどのくらい所有されていたかのかも分かりますので、同じ村の他の家の土地所有状況と比較することにより、当時の村内での立場や経済状況を推測することもできます。

ゼンリン地図などで周辺に同姓の家を見つけた場合、その家の番地の台帳も調べてみます。最初の所有者が同一人物だったりするなど、意外な発見があるかも知れません。見たい土地が遠方の場合は、その土地を管轄する法務局に郵便で請求することもできます。閲覧と同様に手数料は掛かりません。送信用・返信用の切手代のみの負担で済みます。

ただ、法務局によっては、旧土地台帳の請求や閲覧を渋るところもあります。

大多数の法務局は何の問題もなく請求に応じてくれますが、一部の地域の法務局では、請求の理由を聞いてくるようになりました(以前は、請求の理由など聞かれたことはなかったのですが)。

ある地方の法務局の担当官に伺ったところ、この旧土地台帳は”行政文書”であり、その請求には”合理的な理由”が必要なのだということでした。そして、この”合理的な理由”には、家系図調査であるとか過去のことを調べたいということは含まれないという見解のようです。

この担当官が言うところの、認められる理由についての具体例を教えて頂きましたが、他言しないでくれということだったので、残念ながらここでは書くことができません。

※なお、あくまでも土地の台帳ですので、当時のご先祖が借地或いは借家住まいだった場合は、この方法が生かされないのは勿論のことです。