戸籍調査による家系図+家系分析報告書

歴史の旅社の戸籍調査は、戸籍の情報だけでは終わりません!

除籍謄本

戸籍を超える家系調査の場合、調査を行う者の総合的な能力によって、調査結果はかなり異なります。

それに対して、戸籍による家系調査の場合、戸籍に書かれた情報が調査内容の根本であるという性格上、誰が調査を行っても、その結果に大きな違いが生じるものではありません。

しかし、他と同じような内容の家系図を提供するだけでは弊社の存在意義がなく、戸籍に書かれた情報に弊社独自に何か加えることは出来ないだろうかと考えて参りました。この結果、考え出したのが家系分析報告書です。

まず、戸籍請求に併せて旧土地台帳も請求し、明治期のご先祖様が住んでおられた土地の諸情報も加えます。さらにご先祖様が住んでおられた地域の郷土誌を調べ、家紋・苗字・土地の歴史などに関わる各種文献の研究を行います。また、武士だった可能性がある場合は、該当する藩の分限帳も調べます。

それらから得られた諸情報に、同じ苗字の全国・都道府県・市町村単位での分布を調べ、本籍地周辺の住宅地図や絵図・航空地図などの情報も加えて総合的に分析し、歴史の旅社オリジナルの家系分析報告書を作成致します。

この報告書の作成には多くの時間が必要なため、許容量を超えそうになった場合、ご依頼を頂いてもすぐにはお受けできないことがあります。調査の質を維持するための措置ですので、何卒ご了承ください。

調査の特徴

家の歴史というのは、その地域の歴史の流れから独立してはあり得ません。所属する村やその村を支配した藩の歴史、さらに日本史の大きな流れの中で見ていくことで、戸籍上の文字だけから得られた情報に血が通ってくるものです。

弊社では、全ての戸籍類を取得した後、まずは最も古い除籍謄本で特定出来た本籍地が所在する地域の郷土誌等の文献を全国各地から取り寄せます。それによってご先祖様が江戸期に住んでおられた地域の歴史を研究し、さらに苗字や家紋・宗派などの観点からの考察を加え、これまでの経験に基づく知識を総動員して家系分析報告書を作成致します。

また、調査結果を受け、引き続きご自身で戸籍を超える調査を行いたいという方には、求めに応じて情報提供やアドバイスをさせて頂きます。さらに、ご希望があれば、菩提寺への調査協力依頼やご本家などを探す際に出す手紙の雛形も、ご依頼者の事情にあったものにアレンジしてご提供致します。

なお、具体的にどのような調査結果をお届けしているのかについては、お客様の声がご参考になるのではないかと思います。ご一読ください。→「お客様の声:戸籍による家系調査編」

戸籍調査の詳細

調査範囲

戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本を請求することで判明する時代までです。ご依頼頂く方の年齢にもよりますが、ご自身から数えて3~6代が平均的です。

これに加えて、郷土誌その他諸文献や資料研究により家系分析報告書を作成し、戸籍からだけでは得られない情報をご提供致します。

標準調査期間

3~4カ月程度
戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本を全て取得して最も古い本籍地を特定した後、該当番地の旧土地台帳を請求します。同時にその地域を含む市町村の郷土誌を取り寄せます。この一連の流れだけでも、最低1カ月以上を要します。

その後、郷土誌を読み込み、その他の文献を照会し、調査報告書・家系図・家系分析報告書等を完成させるまでに、さらに2カ月程度を要しますので、お届けまでに最低でも3カ月を頂くことになります。

調査料金

  • 一系統: 88,000円(税込)
  • 二系統:127,600円(税込)
  • 四系統:193,600円(税込)

※一系統とは、ひとつの苗字の調査です。
※一系統の家系分析報告書の作成を含む料金です。
 その他の系統の分析報告書も希望される場合、一系統につき45,000円の追加でお受け致します。

※ご注意
戸籍を全てご自身で取得された方で、家系分析報告書の作成のみを希望されることがありますが、あくまでも戸籍調査をご依頼頂いた方に対してのサービスですので、家系分析報告書の作成だけのご依頼はお受けしていません。ご了承ください。

お支払い方法

 お支払いは全額前納でお願いしております。

調査終了後、お渡しするもの

【全ての調査にお渡しするもの】

  • 家系譜 (戸籍に登場する方々の記載内容をお一人毎に詳細にまとめたもの)
  • 横家系図 (家系譜に折り畳んで綴じ込んでいます)
  • 元号・西暦対照表 (家系譜に綴じています)
  • 取得した戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本一式
  • 家系譜及び家系図データを収録したCD-ROM
  • 壁掛額入りの縦家系図 (下の画像)

家系分析報告書に付随してお渡しするもの

  • 家系分析報告書→詳しくは家系分析報告書のページへ
  • 家系分析報告書の裏付けとなる資料一式ファイル
  • 旧土地台帳

画像の説明

【A3サイズの木製フレーム入りの家系図】
和紙を染料で染め上げた料紙(装飾和紙)に縦系図をインクジェット印刷し、木製の額に入れたものです。(見本の画像は、4系統の縦家系図を印刷したものです。)


【横家系図見本】
この見本の長さは83cmで、一般的な戸籍調査での家系図の長さです。これを折り畳んで家系譜に綴じ込みます。
画像の説明


オプション

① 調査結果を巻物に仕立てたいという場合は⇒家系図巻物作成のページで
② 調査結果を和綴じ本に仕立てたい場合は⇒和綴じ家系譜のページへ

特典

  • 本調査後、さらに基本・江戸前期・徹底の各調査をご依頼頂く場合は、既にお支払い頂いた料金を全額充当させて頂きます。
  • 本調査後、ご自分で戸籍を超えた調査にチャレンジしたいという方には、無料でサポートを行います。

調査実例・・・除籍謄本にどこまで記載されているか・・・

除籍謄本調査でどの時代まで遡ることが出来るのか?

ご依頼を検討される方にとって、最もお知りになりたいことのひとつかと思います。ただ、これは各市町村役場の戸籍の保存状況やご依頼者の特に幕末頃に出生されたご先祖様が長命だったか短命だったかなどの事情により、かなり異なって参ります。このため、実際に全ての謄本を取得してみなければ分からないとしかお答えすることが出来ません。

そこで、これまでに除籍謄本・改製原戸籍謄本で判明した最近の20例を挙げてみました。実際には、各家で異なりますので、あくまでも参考材料としてご覧頂ければと思います。(以下、アトランダムに列挙しています)

最も古い時代の方の出生年取得した市町村
文政 2年(1819)福岡県福智町
天保 8年(1837)岐阜県中津川市
文久 3年(1863)宮崎県都城市  
天保12年(1814)福岡県田川市  
弘化 元年(1844)長崎県長崎市  
万延 元年(1860)高知県安芸市  
明治33年(1900)熊本県熊本市  
天保 2年(1831)熊本県玉名市  
天保 9年(1838)岐阜県関市  
文政12年(1829)熊本県長洲町  
文化13年(1816)東京都練馬区  
明治28年(1894)愛知県尾張旭市  
安政 元年(1854)千葉県野田市  
嘉永 3年(1850)広島県広島市  
嘉永 5年(1852)鹿児島県鹿児島市  
文政11年(1828)福岡県柳川市  
文化14年(1817)高知県土佐清水市  
嘉永 5年(1852)新潟県柏崎市  
文政 9年(1826)岩手県六戸町  
嘉永 6年(1853)福岡県直方市  



以上に挙げた最近の20例においても、最も古い文化13年(1816)まで辿れたケースから明治33年(1900)までしか辿ることが出来なかったケースまで、かなり大きな幅があります。

明治以降の出生のご先祖しか分からないような場合、旧土地台帳などで補足できる場合もありますが、このようなことがあり得ることをご了解の上、ご検討頂きますようお願い致します。


戸籍家系図