家系図巻物作成

製作が混んでいますので、当面の間、弊社で調査をご依頼頂いた方のみお受けさせて頂いております。ご了承ください。

既に家系図はあるが傷みが激しいので作り直したい

調べた家系図を巻物にして残しておきたい

除籍謄本を自分で取り寄せたので、それを監修してもらって巻物にしたい


巻物製作

せっかく昔から伝わっている家系図があるというのに、虫食い状態にしてしまっているというケースをしばしば見かけます。もったいないことですね。しっかりした巻物にし、サイズの合った桐箱に納めておくことで、今後何代にも亘って伝えていくことができます。

弊社では、練達した書道家と老舗の表装店との提携により、ご満足頂ける巻物を製作しております。なお、巻物の完成見本をご用意しておりますので、ご依頼の前にお見せすることも出来ます(近隣の方のみ)

巻物製作の料金

基本料金

108,000円~(1800年頃までの長さの場合)

上記料金には、監修料・書道家の筆耕・表装仕立て・桐箱代・送料の全てが含まれています。なお、この料金は、弊社の基本調査の範囲に相当する200年間(1800年頃)程度の長さ・文字数での金額となっております。

巻物に書き込む文字数や巻物の長さによって製作費が変動しますので、原稿確認後お見積書を提出させて頂きます。

製作期間

約2~3カ月間
上記製作期間は、総文字数や混み具合等によって多少の幅がありますが、江戸前期調査(1600年代)程度の長さであれば、よほど文字数が多くない限り、2カ月間程度でお届け出来ます。なお、湿度が高い梅雨の時期や書道家が最も多忙な年末年始の時期と重なる場合は、若干多くの時間を頂くことがございます。

製作過程

以下、参考までに巻物製作の過程をいろいろな角度から撮ってみました。


筆耕見本

【筆耕見本】
筆耕だけで約4~5週間も掛かります。

墨は「菜種油煙」を使用

墨は「菜種油煙」を使用。


表装

表装は本場京都の老舗の業者さん。
腕は一流!

本場京都の老舗の業者さん


表装

桐箱は完成した巻物に合わせて、本場岐阜県の業者さんにオーダー。

箱

このような箱に入れてお届けします。



生地1

生地2

生地3


生地4

生地5

使用する生地の柄は全47種類をご用意しています。正式にご依頼頂く際には、生地見本を郵送いたしますので、直接ご覧頂くことが出来ます。



巻物製作に解読が伴う場合のお願い

自家に伝わっている家系図を作り直したいというご依頼をしばしば頂きます。この場合、どうしても草書体で書かれた文章の解読作業が必要となりますし、その多くが漢文で書かれているため、現代の方が分かり易いように読み下し文に直さなければなりません。

ただ、公的に残すことを目的に書かれた藩文書等の古文書類とは異なり、家系図というのは、それを書いた時代のその家の当主の方が自分流に書かれたものが多く、公的文書等に比較して、非常に癖がある文字が多いものなのです。それ故、これらの解読にはとても多くの苦労と忍耐と時間が必要になります。

このため、解読作業が必要な巻物製作の場合、巻物製作の料金とは別に、解読料金を頂いております。料金については、文字の分量や崩し方・癖の強さ等によって異なって参りますので、まずは原本の写しをお見せ頂き、その上でお見積りを差し上げております。