宗門人別帳とは

分限帳はご先祖が武士だった場合に役立つ史料ですが、この宗門人別帳はご先祖が農民や町人だったという場合に役立つ史料です。

江戸期は、全ての人がどこかの寺の檀家にならなければなりませんでしたが、檀家であるという証明がこの宗門人別帳に記載されるということでした。このため、どの家でも記録がなされていたはずですので、宗門人別帳を見れば必ずご先祖のお名前が書かれているということになります。

画像の説明

右の画像は、中国地方某村の享保18年(1733)の「宗門御改帳」です。イメージだけ知って頂ければと、画像を小さくしていますので読み難いと思いますが、当画像には2軒の家族が記録されています。

参考までに右項に書かれた8人家族を例にとって、以下解説致します。

  • 与七郎    54才
  • 女房     43才
  • 男子 安治郎 23才
  • 同  三次郎 20才
  • 同  七三郎 10才
  • 女子 くら  13才
  • 父 七郎兵衛 81才
  • 母      73才

※寺院名についても書かれていますが、当解説上は省略します。


以上、54歳の与七郎を当主とする8人家族です。与七郎夫婦には3人の男の子と女の子が1人います。また、両親も健在ですが、81歳の父七郎兵衛は隠居をしています。隠居をした両親は、家族の最後に書かれています。

残念ながら、妻や母親などの既婚女性の名前が書かれることはく、「女房」や「母」と書かれています。これはこの地域に限ったとではなく、全国のほとんどの地域でも同様です。逆に、未婚女性の名前は書かれることになっていますので、娘のところには“くら”と名前が書かれています。

また、記録当時の年齢(当然数え年)も書かれていますので、記録された享保18年(1733)から逆算することで、家族全員の出生年まで分かるのです。

このように、宗門人別帳は、先祖調査にとっては大変貴重な史料ですので、古文書調査ではまず一番に宗門人別帳を探すことから始めます。


宗門人別帳の問題点

上述のとおり、先祖調査にとって大変重要な宗門人別帳なのですが、いくつかの問題点があります。まず第一に、農民や町人の記録である宗門人別帳には苗字の記載がないということです。このため、この史料だけがポツンと存在しているだけでは宝の持ち腐れということになります。
これが家系調査にとって有益な史料となるためには、例えば、最も古い除籍謄本の情報と家族の一部が重なる時代の宗門人別帳である場合です。 除籍謄本で確認出来たご先祖と同名で同じ出生年の人物が同じ村の宗門人別帳に書かれていることを見つけていくことで、ご先祖の家族を特定していくことになります。これであれば、苗字が書かれていないことがカバー出来ます。

当時の村は、せいぜい数十戸程度の規模ですので、同じ村で同じ出生年で同じ名前の人物が2人以上記載されていることは大変稀なことです。このように考えると、除籍謄本だけではなく、墓碑や過去帳などから得られた情報と一致する時代の宗門人別帳が存在する場合も同様に役立てることが出来るでしょう。

実は、さらに大きな問題ですが・・・これが現存しているか? また、現存しているとすれば、どこが所蔵しているのか? ということです。これが最も苦労するところです。

有難いことに、郷土史その他の文献に活字として取り上げられているケースもありますが、これは少数です。まずは、公共の図書館や文書館・歴史資料館など。また、大学の付属図書館や研究機関などが所蔵していることもありますし、市町村史の編纂事業の際などに市町村の教育委員会が旧家から寄贈や委託されて持っていることもあります。

昔の庄屋(名主)などをされていた旧家などが今も引き続き持っているということもあります。このためには、ご先祖が住んでおられた村の庄屋を務めていた家の子孫の方を探すということもしなければなりません。

さらに、近年問題となってきたことは、個人情報や人権等の問題により、せっかく苦労して所蔵先を見つけたとしても、閲覧を拒否されることが少なからずあるということです。

「江戸時代の人の個人情報なんて!」と思われるかも知れませんが、図書館や文書館・史料館などが閲覧を拒否することは珍しいことではありません。個人蔵であった場合でも、面倒に感じられたりして良い顔をして頂けない場合もあります。

「先祖調査には、宗門人別帳!」と書かれた書籍やサイトも多いですが、このような問題点があることを認識しておかなければなりません。宗門人別帳に限らず、家系調査に一律のノウハウなどありませんので、考えられるあらゆる手段を取ってみるしかないのです。